無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

学校


その日の学校は、私にとって地獄のような場所だった














朝日先輩には失礼な態度をとってしまったし、美羽と話すのも怖くなってしまった












そんな私の心の支えは凪希ちゃんだけだった
















結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
おはよ〜
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
おはよ
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
なんかまた元気ないね
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
大丈夫?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
ううん
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
ダメかも








私は思い切って、凪希ちゃんに今までのことを打ち明けることにした
















有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
凪希ちゃん、ちょっと相談というか…この前黙ってたこと話してもいい?
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
うん
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
私で良ければ全然
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
あのね、長くなるかもしれないんだけど…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
鈴音朝日先輩って知ってる?
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
うん!
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
あの文芸部の人でしょ?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
そう
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
実はね、私、朝日先輩のことが好きだったの
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
ほんと!?
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
それでそれで?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
それで、一緒に映画館に行くことになって…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
私が告白しようと思ってた時に、
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
朝日先輩から、「実は美羽のことが好きなんだ」って言われて…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
あ、美羽と付き合うためだけに私と仲良くしてたんだ
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
って思って、帰っちゃったの
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
何も言わずに?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
うん
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
それで気まずいってことか…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
そうなの…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
どうしよう…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
さすがに文芸部退部なんて出来ないし、だからといって文芸部に入ってたら絶対朝日先輩と顔合わせなきゃいけないんだよ…
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
うーん
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
それは難しいね…
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
でも、まずは朝日先輩に謝った方がいいと思う
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
さすがに、何も言わずに先輩を置いて帰るのはいけないことだし…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
そっか…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
やっぱそうだよね…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
じゃあ私、朝日先輩の所行ってくる
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
うん
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
頑張って