無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

結果
そして私は家へ帰り、自分の部屋へ直行した
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
これだ…


もう一度封筒を手にし、少しばかりの沈黙が流れる
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
よし。
私は封筒を開封した
結果は…






















「合格」









そしてその下には







「明日、部室で待っています」



とも書いてあった
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
え…合格…?
すると、自然と涙が溢れ出てきた







ガチャ
有栖川美羽(ありすがわみう)
有栖川美羽(ありすがわみう)
たっだいま…って、え?
有栖川美羽(ありすがわみう)
有栖川美羽(ありすがわみう)
どうした?






なんと、姉の美羽が帰ってきてしまった
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
ヒック…ヒッ…な…なんでも…ヒッ…ない…
有栖川美羽(ありすがわみう)
有栖川美羽(ありすがわみう)
なんでもないわけないでしょーが!
有栖川美羽(ありすがわみう)
有栖川美羽(ありすがわみう)
私でよければ話聞くよ?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
ヒック…だいじょ…うぶ…
有栖川美羽(ありすがわみう)
有栖川美羽(ありすがわみう)
そっか…じゃ、私リビング行ってるね
そう言って美羽は部屋を出て行ってしまった