プリ小説

第2話

第1話⸜❤︎⸝‍
作者
両親は亡くなった設定です!!
涼真
♪フンフーン((花歌を歌いながら朝食作り
優子
あ、涼真ごめんねー
涼真
全然大丈夫、優子寝といたら?
まだ朝早いし、
優子
ほんとに?でも、お弁当作らないと…
涼真
あ、俺が作るよ〜
優子
ありがとう!
じゃあちょっと寝るね🙏
あなた

おはよ〜

おはよー
涼真
あ、二人とも起きてきたん?
あなた

うん!

うん!
現在朝の6時半
涼真
あ、お弁当出来たよ〜
あなた

え、今日お仕事の日だからお弁当いらないよ笑

俺も〜笑
涼真
え?!嘘でしょ?!
あなた

ほんとぉ〜

涼真
うわー最悪だ笑
もう少し寝れたのに……
あなた

(苦笑い)

(苦笑い)
涼真
あ、もーそろそろ紫耀起こしてきてあげて
あなた

はーい

二階にあがる
あなた

紫耀ちゃん!!
涼くんが起こしてきてだって

紫耀
まだ、
あなた

ねーー!起きてよ!
お小遣い引くよ!

紫耀
分かったよ!
起きるよー!
一階に降りる
あなた

紫耀ちゃん起きたよ〜

紫耀
(ボソッ)無理やり起こされたけど
あなた

なにー?

紫耀
なにもなーい
涼真
てか、今日はみんな仕事の日だよな?
あなた

うん!

うん!
紫耀
うん!
涼真
じゃあ、パッパと用意して行くぞ〜
あなた

はーい

おう!
紫耀
りょー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
こんな感じですかねー?笑
下手すぎてやばいです…笑
変な所で終わってすいません🙇💦
作者
あ!それから、優子とあなたの彼氏役誰がいいですか?
コメントしてくださった方の中で抽選させていただきたいと思います!
作者
では、これからもこんな私をよろしくお願いします笑笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☁  ゆ  め  は  ☁
☁ ゆ め は ☁
小 説 作 り 初 心 者 🔰 King&Prince👑💕 皆 様 を 夢 の 世 界 に お 連 れ 致 し ま す ✨