無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

1話
あなた

はぁ……とりあえず今日はここまでで終わろうかな

歌ってみたの動画のMIX作業をひと段落させた私は思いっきり伸びをした
あなた

疲れたー……なんか飲も……

乾いた喉を潤すために私は作業室からリビングへと向かい、コーヒーを飲む
そうして、
あなた

よし!もうちょい頑張るかー!

今日までに投稿したかったので急いで終わらせようとまたMIX作業に取り組んだ。
あなた

終わったー……何とか間に合った……

カチッ
【 シャルル「歌ってみた」coverありす

(何とか間に合ったよー、聞いてねー) 】
あなた

あー、……もう22時か……明日も大学あるし寝るかー

そう!私は大学1年生、歌ってみた動画を投稿したのが高校1年生からだから3年目になるのかな?
だんだんみんなに知ってもらえて嬉しい!でも大学ではバレたことがないからとりあえず安心してる
あなた

今日もさかたんの曲聞いて寝ますか〜……

そう、私は歌い手である坂田さんがとてつもなく好きなのだ。
でも、話なんてしたことないし、会ったことも無い
いつかコラボできるといいな……
そう思って明日に備えて私は意識を手放した