第13話

11
140
2023/05/03 16:23
その後
見守り隊
『カフェであーんをしろ』
中也
あ、あーん//
あなた
え、あ中也どうしたの??
中也
と、とにかく食え!
中也
ガッ(無理矢理入れる)
あなた
ムグッ!!ん、美味しい!!
中也
そ、そうか、良かったな//
あなた
じゃあ次、私の番ー!
あなた
はい!あーん!
中也
ん、美味い//
あなた
でしょー!
見守り隊
『お揃いのアクセサリーを買え』
あなた
あ、中也!これお揃いにしようよ!!
中也
あ、おう、いいぞ!//
あなた
やったねー!
𝐞𝐭𝐜...
最終ミッション!!
見守り隊
『手を繋いで帰れ』
あなた
うーさむ!
中也
ん///
手を出す
あなた
え?あ、ありがと!//
ギュッ(手を繋ぐ)
それまでは良かったものの、、最後であなたの下の名前が、
あなた
なんか''恋人''みたいだね!!(*´ ˘ `*)ニコッ   
という無自覚の爆弾発言で
中也
え、あ、、は?///
見守り隊
『えぇぇぇぇ!!!』
大混乱状態で終わったという、、
あなた
あ、目が覚めた!!
中也
え?
あなた
よかったー!中也出かけた後倒れて大変だったんだよ!
中也
(恋人みたい、、恋人みたい、)
中也
ボンッ////
あなた
え!中也顔赤いよ!大丈夫!??
ズイッ(近づく)
中也
ちょっ、お前ッ、、近ぇッッ!!///
あなた
えー、なんか変なこと言ったかな?
見守り隊
言った!!
あなた
え、えぇー何言ったの!!?
エリス
ちょっと教えるから来なさい!!
あなた
あ、エリスちゃん!待ってー!
バタン(扉が閉まる)
森鴎外
中也君大丈夫だったかい?
中也
全然大丈夫じゃありません//
姐さん!!
まったく、あなたの下の名前の無自覚キラーには困ったものじゃ
森鴎外
ほんとにねぇ、、
ドタドタバタバタ
あなたの下の名前side
エリス
あなたの下の名前!覚えてないの?
あなた
え?何を?
エリス
だからあなたの下の名前が
エリス
''恋人みたい''
エリス
って言ったこと!
あなた
覚えてるよ!
エリス
だから!それがダメなの!!
あなた
なんで?私は思ったことを口にしただけだよ?
エリス
(もうダメだわ)
エリス
ちょっと、待ってなさい!
ドタドタバタバタ
ガチャ(扉を開ける音)
森鴎外
あ、おかえりエリスちゃん!
姐さん!!
どうだったかえ?
エリス
全ッ然ダメだわ!「私は思ったことを口にしただけ」言ってるの!
森鴎外
さすがあなたの下の名前ちゃん!
ガチャ(扉を開ける音)
あなた
あー、なんかごめんね?中也
中也
いや、別に//
中也
嫌じゃなかったし、//(((ボソ
見守り隊
(!どうなんだ?)
あなた
あ、嫌じゃないならよかったー!
見守り隊
(まぁ、ですよねー)
森鴎外
あ、もう時間だから、あなたの下の名前ちゃん、中也君帰りなさい、
あなた
あ、はーい!中也、一緒帰ろ!!
ギュッ(手を繋ぐ)
中也
え?//あ、ちょっと待てッッ///
〜帰った〜
森鴎外
わー手を繋いで帰って行ったねー(棒)
エリス
私、あなたの下の名前が鈍感すぎてチュウヤが可哀想になってきたわ、、
姐さん!!
わっちもじゃ、、
ドッキリ編終わり!
自分で書いててなんですけど
さっさと付き合e(((
小説の熱も主の熱も上がっていっております!
では!

プリ小説オーディオドラマ