無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

 Prolog




好きな事に没頭してしまう癖のせいか 、



薬草学についての本を夜に読んだせいで …



罪悪感を感じながら何時もより随分遅く寝てしまった 。



そして目が覚めると …


窪田
窪田
こ 、ここは … !?
窪田
窪田
どこだ …???



そして … なんだこの … 白い棒 … ???



なんだこの物体は … !!!


窪田
窪田
ッは … !?



そ 、そうか俺は16歳の高校生で …



ん?高校生 ……… 俺は … イボルブ … あいや 、窪田 … ???



ど 、どっちだ … !?