無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

静かな暮らしとは … 1
窪田
窪田
(…しかしこんな …非現実的な…)
窪田
窪田
(俺疲れてんのかな …)
…おーい?
窪田くん!だよね 〜?
窪田
窪田
(俺に女子が話しかける?幻覚…)



やっぱり俺疲れてんのか …… な !?


あ、やっと気づいた 〜
窪田
窪田
ど 、どちら様 …?
隣のクラスの帝月です!
窪田
窪田
なんで俺なんかに話しかけるの?…
帝月
帝月
良くよく観れば 〜…



そう言って近づいてきて 、



俺の前髪をさっと上げた 。


窪田
窪田
や 、やめッろ



咄嗟に手を帝月さんの手を振り払う 。


帝月
帝月
あ 、ごめんなさい …
帝月
帝月
顔整ってるなあと思いまして …
窪田
窪田
え?あぁありがとう…



面食いってやつか …



流石にこんなインキャ相手にはしないだろうけども 。
























クラスメイト
窪田 、女子が呼んでるぞ
窪田
窪田
女子…?人違いじゃ…



お昼の時間 、安定のぼっち飯をしようとしていると 、



女子が呼んでいる 、と言われた 。


帝月
帝月
窪田く 〜 ん!
窪田
窪田
え?君か…
帝月
帝月
お昼食べませn
椋木
椋木
窪田くん窪田くん!!!!
椋木
椋木
あれ?先客いた感じ!?
窪田
窪田
(こりゃまた…)
窪田
窪田
(騒がしい人達が…)



静かに暮らすはずだったのになあ …



そう…そのはず…なんだけど…



何故俺はぼっち飯をしてないんだろうか(白目)


窪田
窪田
(両サイドから話されても…)
帝月
帝月
窪田くんは塩顔男子と言うやつだね 〜!
帝月
帝月
塩顔はモテるぞ…ふふふ…



いや別に恋愛する気はないですね …


椋木
椋木
夢占いって本当に凄いんだよ!
椋木
椋木
放課後また来てくれない!?



行くから行くから…少し落ち着いて …


窪田
窪田
て 、手洗い行ってくる …
帝月
帝月
いってらー!






椋木
椋木
…君も来てたんだね
帝月
帝月
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん
帝月
帝月
的な?
帝月
帝月
行くよう指示されただけだし 。
椋木
椋木
そ 、




















放課後 、部室では無くPTA室に呼ばれる 。


椋木
椋木
あの部室は暫くなんかのイベントの準備で使うらしいから…!



無駄に広いだけあって使えるっちゃ使えるんだろうな 。


椋木
椋木
そう!夢占いなんだけど …
椋木
椋木
結果としては凶が出たんだよね…
窪田
窪田
わ 、悪いのか…
椋木
椋木
多分この先何かあると思う
窪田
窪田
うん
椋木
椋木
…そ 、それだけ!
窪田
窪田
ほんと … か?
椋木
椋木
うん!うんうん!
窪田
窪田
……分かった
窪田
窪田
ありがとな 、じゃーな
椋木
椋木
ばいばい!………
椋木
椋木
(危ない危ない…)






   「 この結果を深く知れば知るほど

           もっと悪い事が起こる 」