無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

赤の手紙
次の日

今日は学校に行こう。
あなた

お母さん。パンじゃなくてご飯がいい。

じゃーそれこっちにおいて置いて。
お母さんが食べるから
あなた

ありがとう~(*´ω`*)

ここ2、3日笑ってなかった気がする。
あなた

久しぶりにご飯食べた気がする笑笑

ちゃんと食べなきゃだめよ~
あなた

わかってるよ笑笑

ピーンポーン
あなた

あ、きた

ガチャ
三門(みかど)
おっはよぉ!
あなた

朝から元気いっぱいだね。
まってね。バックとってくる

そうして部屋に戻った。
あなた

またある。

朝起きた時には
何も無かった机のうえ。
あなた

赤い手紙。

三門とよも。

三門(みかど)
おそいよー!
あなた

ごめんごめん笑笑

これ、一緒に読んで

三門(みかど)
またあったの?
あなた

うん笑笑

中には
あなた

今日の夕方
学校の図書室に。

だって。

三門(みかど)
一緒に行く?
あなた

あ、でもここ見て。

めっちゃちっちゃく


「一人で来てね。あ、廊下なら友達いてもいーよ。」


って書いてあった
あなた

この人うちらのこと
見てるみたい笑笑

三門(みかど)
なんかきもちわるい笑笑
あなた

とりあえず、いくよ。
三門は廊下で待ってて。