無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話

番外編
カズ
カズ
やぁ☆
カズ
カズ
みんな大好きカズさんだよ☆
カズ
カズ
なんか、みんなカズさん大好きっぽいからね☆主に頼んで出番出してもらった☆
カズ
カズ
ということで…
カズ
カズ
もしもあの時、ジェルくんが外を出なかったらというお話をやります!
カズ
カズ
では
カズ
カズ
どうぞ☆
────────────────────
――夜
カズ
カズ
ジェール君!
ジェル
ジェル
?カズさんどうしたんですか?
カズ
カズ
ちょっとこっちおいで?
ジェル
ジェル
?はい
ジェルくんが俺に近づいてきた
そして
(つ・ω・(-ω-*)ダキッ
ジェル
ジェル
!?
ジェル
ジェル
ちょっカズさん!?///
カズ
カズ
反応かーあい
カズ
カズ
ねぇ……
カズ
カズ
キスしていい?
ジェル
ジェル
………へ!?
カズ
カズ
ほら、俺ら恋人同士じゃん?
カズ
カズ
ならキスは普通だよね?
ジェル
ジェル
えっ………でも恥ずか……しい////
カズ
カズ
大丈夫
カズ
カズ
俺はジェルくんの事大好きだから、『気持ち良く』してあげるよ?
ジェルくんの耳元で囁いた
ジェル
ジェル
ひゃっ////
カズ
カズ
ふふっ感じじゃってるねぇ…
そして、いやらしくジェルくんの太ももなどを触った
ジェル
ジェル
ビクッ………
ジェル
ジェル
あっやっやめ……/////
カズ
カズ
それじゃあ……キスするよ?
クチュクチュ…
ジェル
ジェル
ふぁっ…////
ジェル
ジェル
ん……ふぅ////
ジェルくんは息が苦しいのか俺の肩を叩いた
ジェル
ジェル
ぷはぁ………
ジェル
ジェル
はぁはぁ…///
カズ
カズ
あらら……長くし過ぎたかもごめんね?
ジェル
ジェル
うっうぅ…////
カズ
カズ
あれ?ジェルくん勃ってるね?
ジェル
ジェル
ふぇ!?あっほんとだ…////
カズ
カズ
ここから先もやる?
ジェル
ジェル
えっと……////
カズ
カズ
ほら、可愛くオネダリしてご覧?気持ち良くしてあげるよ?
ジェル
ジェル
うっ………その……////
ジェル
ジェル
「俺を……気持ち良くしてください……」
ジェルくんが上目遣いでそう答えた
カズ
カズ
ふふっ喜んで
俺は悪魔のような笑顔を見せた
────────────────────
ジェル
ジェル
あぁっ///きもち///もっともっと/////_
カズ
カズ
全くジェルくんド混乱になっちゃったね
ジェル
ジェル
うっん俺ド混乱の変態だからっ/////もっとカズさんのち○こ俺の穴のっ///中に入れて欲しい…//な…/////♡♡
カズ
カズ
全く…………本当に……
カズ
カズ
後悔しても……知らないよ?
ジェル
ジェル
うん♡
そして、俺とジェルくんは濃厚な夜を過ごした
(○・ω・)ノ----end-----
カズ
カズ
どっだった?( ^ω^ )
カズ
カズ
すとぷりメンバーよりも俺とジェルくんの方が良くない?
カズ
カズ
俺、ジェルくんよりも背高いし
カズ
カズ
みんな、紫橙とか桃橙とかよりもカズ橙とかカズジェルの方が好きでしょ?
カズ
カズ
ね?(圧)
カズ
カズ
まぁとりま終わろう。
カズ
カズ
ほじゃ