無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

頼み事
⚠私はすとぷりは好きですが、すとぷりの一人一人の呼び方、口調、一人称がおかしいと思います。なのでおかしかったらコメントで指摘してくれると嬉しいです。
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
ジェル目線
カズさんと朝食を終え、俺は絶賛暇だ
いや…まぁ暇だが、少し引っかかることがある…
俺は、カズさんとずっと過ごしたはず…なのにその記憶が無い…
それに、急にすとぷり?のことを聞いてきたり…
おかしい
それになにか、足りない気がする
大切な…俺が大好きな…
でもそれも思い出せない
ジェル
ジェル
(なんだろう…このモヤモヤ…)
ジェル
ジェル
(モヤモヤして…嫌な感じ…)
ジェル
ジェル
(……)







そういえば
ジェル
ジェル
(俺って…外行ったことあるっけ?)
外…
そういえば俺は外に行ったことが無いかもしれない
色んな世界を見てないのかもしれない
綺麗な青空に、大きな野原…
吸い込まれそうな白い雲に
深い神秘的な青い海……
それと…俺とカズさん以外の人
それに…










このモヤモヤはなにかヒントがあるかもしれない
それなら、カズさんに頼まないと…!
ジェル
ジェル
カズさん!
俺は食器を洗っていたカズさんを読んだ
カズ
カズ
?なーに?ジェルくん
カズさんは振り向いた
ジェル
ジェル
俺を…
ジェル
ジェル
俺を‘外’に連れていってください
───────────────────
カズ目線
僕が食器を洗っていたら急にジェルくんに呼ばれ、振り向いたら外に連れて行って欲しいと言われた
そんなこと許さない
外へ行ったら僕のジェルくんじゃ無くなる。それは、ダメ
それに…
あいつら………すとぷりは絶対にジェルくんを探してる…
ここからすとぷりハウスはそこまで遠くないし…
カズ
カズ
…ダメだよ
ジェル
ジェル
えっ……
ジェル
ジェル
なっなんで…
カズ
カズ
外は危ないものばかりだよ
ジェル
ジェル
でっでもそれは、気おつければ…
カズ
カズ
ダメだっつってんだよ!!
ジェル
ジェル
!!
カズ
カズ
うるせぇんだよ
カズ
カズ
おい
ジェル
ジェル
!いっ痛!
俺は強く、ジェルくんの手首を掴んだ
カズ
カズ
絶対にまたこんなこと言うなよ?
カズ
カズ
わかったか?
ジェル
ジェル
っ………
カズ
カズ
分かったかっていってんだよ!!
そして、俺はジェルくんを殴った
ジェル
ジェル
った……
────────────────────
ジェル目線
あんなに優しかったカズさんが急に殴ってきた
カズ
カズ
もうそんなことすんなよ、いいか?
ジェル
ジェル
………
どうして…
俺は…………
カズ
カズ
おい
そして、またカズさんは俺を殴ろうとした
ジェル
ジェル
!!
俺はとっさに顔を手で隠した
カズさんはさっき、俺を殴った時、顔で殴ったからだ
ジェル
ジェル
ごっごめんなさい………もう…こんなこと……言いません…から…
お願い……もう殴らないで…
そして、俺は涙を流した
カズ
カズ
………
そしたら
カズ
カズ
分かればいいんだよ
そう言って
カズ
カズ
殴ってごめんね?
俺の頭を撫でた
カズ
カズ
もうこんなことがないように!
そして、カズさんはさっきの怖いカズさんから優しいカズさんに戻った
ジェル
ジェル
あっ…は…い…
でも、俺はまだ納得してない
ジェル
ジェル
(なんでカズさんは外に行っちゃダメって言ったんだ?)
ジェル
ジェル
(もしかしたら、外に行けばなにか分かるかも…)
ジェル
ジェル
……
ジェル
ジェル
(よし…)
ジェル
ジェル
(カズさんが寝たら外へ行こう)
そう俺は決心した
〔 続く〕
あとがきはめんどいので今日はなし!ww
めんご!