無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

422
2021/05/12

第10話

🦊🐱2ヶ月
トイレに散りばめられたマリーゴールドを片付けて教室に戻る
ガラガラ
(周りの生徒)おい、トイレ長すぎだろㅎㅎ大か?ㅎㅎ
·····何も知らないくせにっ
🐱
🐱
あははっ!お腹痛くてさㅎㅎ
とりあえず花は捨てた多分これで大丈夫·····
·····
いじめっ子
いじめっ子
おい、今日放課後校舎裏来いよ
🐱
🐱
ッッ分かったよ
実は僕いじめられてるんだよねㅎㅎ
キーンコーンカーンコーン(適当?!)
重い足取りで校舎裏に行く
いじめっ子
いじめっ子
お、来たきたㅎㅎ
🐱
🐱
ッッッ今日は何するんですかっ
いじめっ子
いじめっ子
ん〜今日はねー今までしてこなかったことかなーㅎㅎ
🐱
🐱
してこなかったこと?
僕は今までしてこなかったことなんてない気が·····ッッッ!
🐱
🐱
ま、まさかっ·····
いじめっ子
いじめっ子
ㅎㅎそう、そのまさかㅎㅎ
俺は察した今からされる事を
🐱
🐱
い、いや来ないでっ泣
いじめっ子
いじめっ子
え〜やだ〜俺も溜まってんの
いじめっ子が僕に近付いてくる
🐱
🐱
嫌っ来ないでってば泣
ギュッ
いじめっ子
いじめっ子
お前ってさエロい体つきしてるよなㅎㅎ
🐱
🐱
そんなことないっ·····だからお願いこれだけは辞めてっ泣
いじめっ子
いじめっ子
そんなんで辞めると思っu
🐱
🐱
へ?
さっきまで目の前にいたいじめっ子がいない
🦊
🦊
·····弱っ
横からいつも聴く声がする
🐱
🐱
うぉぬっ?
🦊
🦊
じゅな、大丈夫か?
ギュッ
さっきいじめっ子に抱きしめられた時は気持ち悪かったのにうぉぬに抱き締められると安心する
🐱
🐱
好きっ·····
🦊
🦊
え?
🐱
🐱
あ、
や、やばいっ言っちゃった·····何とか誤魔化さないとうぉぬには彼女が居るんだからっ、
🐱
🐱
えっと妖精さんがっ!
🦊
🦊
?妖精?
🐱
🐱
そ、そう僕のお友達ㅎㅎ
🦊
🦊
ふーん
🐱
🐱
ッッ!ごめんうぉぬっ僕帰るっ!
うぉぬにそう言って帰ろうとした時
ガシッ
🐱
🐱
え?
🦊
🦊
·····何でいつも俺の事避けんの?
🐱
🐱
やっ、触らないでっ
ウォヌに掴まれた手を離そうとする
🦊
🦊
·····もう少し一緒に居てよ
🐱
🐱
や、もう帰らなきゃ!
やばいそろそろ吐気が
🐱
🐱
ッッ!ゲホッ·····
ついに僕はうぉぬの前で花を吐いてしまったあぁ·····終わったそんなこと思いながら僕は倒れてしまった
🦊
🦊
じゅな!
________________________
🐱
🐱
んっ·····
ここ何処?·····病院っ?
真っ白な天井に白いカーテンに隠されたベッドそして点滴の音
先生
先生
起きたか·····
病院の先生?っぽい人が来た
先生
先生
体調は悪くないか?
🐱
🐱
コクッ
先生
先生
·····そうか
🐱
🐱
·····
先生
先生
そのっ言い難いのだが
🐱
🐱
?
先生
先生
びっくりするかもしれないが
🐱
🐱
·····
先生
先生
もう君が生きれるのは2ヶ月だ
🐱
🐱
ッッッ?
先生
先生
····君花吐き病なのだろう?病状が悪化してなもっと生きれるはずだったんだが·····
先生
先生
すまん·····
そう言って先生は土下座する
🐱
🐱
·····
何故か喋れないので紙に書いて見せる
「大丈夫ですよ仕方ないです」
先生
先生
本当にすまんっ!
「頭あげてください大丈夫ですから」
泣きたい気持ちを我慢する
「どうせ僕は短くなってなくても死んでますㅎㅎ」
先生
先生
?
「僕は叶わない恋をしてるんです」
先生
先生
それは凄く辛いなっ
「今ではもう諦めてますからㅎㅎ」
先生
先生
·····泣
「泣かないでください僕はどうせもう死ぬんですㅎㅎ」
僕は先生と話していたら眠くなってきた
「ごめんなさい眠っ·····」
🐱
🐱
·····スヤスヤ
🦊
🦊
ゆっくり休めよ·····
そう、うぉぬの声が聞こえたのはきっと気の所為
きっと
________________________
NEXT♡12