無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#11⚔
夕刻
あなた

(話って何なんだろう?)

トントントン
お館様
お館様
あなたかい?
あなた

はい

お館様
お館様
入りなさい
あなた

失礼いたします
あの、お館様お話とは?

お館様
お館様
あなた、君は柱たちをどう思う?
あなた

柱のみなさんたちを、ですか?

お館様
お館様
そうだよ
あなた

みなさん優しくていい人だと思います
でも、ときどきみなさんから負の感情がみえます

お館様
お館様
あなた、わたしは君には負の感情しかないように感じるよ
あなた

そんなことはっ!
みなさんとこうして楽しく毎日をおくることができて私は嬉しいです

お館様
お館様
そうか
あなた、君は無惨と猗窩座の妹というのは本当なのかい?
あなた

は、はい…
ごめんなさい

お館様
お館様
いや、それはいいんだいよ
じゃああなたは鬼なのかい?
あなた

いえ、違います
私は猗窩座に助けられたんです
だから私は鬼にはならなかったんです

あなた

にぃさんは私を助けてくれたのに私はにぃさんを助けられなかった…

お館様
お館様
あなた、君は確実に2人の兄を助けたよ
大丈夫、私が保証するよ
今日はその話をしたかったんだ
あなた

お館様…

お館様
お館様
今日はもう下がっていいよ
ゆっくり休みなさい
あなた

御意

お館様
お館様
おやすみ、あなた
あなた

おやすみなさい、お館様

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

クロ
クロ
よろしくお願いします! 是非作品をよんでみてください よんでくれると嬉しいです
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る