無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

30
(なまえ)
あなた
ふぁぁぁぁ……
(なまえ)
あなた
寝れなかったな…
9:23
(なまえ)
あなた
冷蔵庫は〜…なんも入ってないと…
(なまえ)
あなた
買い物行くかな…
ピロンッ
(なまえ)
あなた
ん?
トントン
「今時間大丈夫か?」
(なまえ)
あなた
トントンじゃん
(なまえ)
あなた
「大丈夫。どした?」
トントン
「良かったら料理教えてくれんかな〜って思って…」
トントン
「いやだったらええんやけど…!」
(なまえ)
あなた
「今から?」
トントン
「そお」
(なまえ)
あなた
「いいよ全然」
トントン
「まじか!
じゃあ迎えいくな!」
(なまえ)
あなた
え、迎え?
(なまえ)
あなた
家教えたっけ?
(なまえ)
あなた
………………
(なまえ)
あなた
まぁ。気にしないとこ








数分後
ピーンポーン
(なまえ)
あなた
はーい
ゾム
ゾム
(*´﹀`*)
バタン
ゾム
ゾム
え?ちょっと〜?ドンドンドン
ガチャ
トントン
すまん待たせた!
(なまえ)
あなた
あれ、俺ついに目が………
ゾム
ゾム
俺もいるで?
(なまえ)
あなた
なんでおるん
ゾム
ゾム
荷物持ち
トントン
すまん、買い物から帰ってきた所やねん
(なまえ)
あなた
その荷物持って帰るのは大変やろ……
(なまえ)
あなた
俺の家で作る?
ロボロ
ええの?
(なまえ)
あなた
だからなんでお前もいるの?
シャオロン
遊びに来た
(なまえ)
あなた
いや俺の家でやる気満々ですね
お前もいるのかよ
(なまえ)
あなた
まぁ立ち話もなんだし入ってどうぞ





短いしなんかもう不良じゃなくなって来てるけど許して()