無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
キーンコーンカーンコーン
兄さん
兄さん
もうこんな時間か……
兄さん
兄さん
解散。
昼終わったら戻ってこいよ
(なまえ)
あなた
せんせー
ここって屋上あんの?
兄さん
兄さん
ああ。
(なまえ)
あなた
へー(行こ)
ロボロ
は?屋上は俺たちがいk
ガララ
(なまえ)
あなた
すみません何も聞こえません⭐
バタン
ロボロ
あいつ……
ゾム
ゾム
痛い目見せてやろうやw
ロボロ
せやなww
(なまえ)
あなた
(はー。廊下にいるなんて知らずに大きな声だ事……)
(なまえ)
あなた
(まぁいいわ。)
(なまえ)
あなた
行こっと














"屋上"
(なまえ)
あなた
おー
(なまえ)
あなた
いい眺め
(なまえ)
あなた
あの教室とは全然ちがう空気だわ
(なまえ)
あなた
たーべよ
まぁ食べるって言っても栄養ドリンク飲むだけなんだけどw
(なまえ)
あなた
はー。うま
(なまえ)
あなた
やっぱ屋上サイコー









.
(なまえ)
あなた
もうこんな時間か……
(なまえ)
あなた
戻りたくないけど戻るか〜
"教室前"
(なまえ)
あなた
………………
(なまえ)
あなた
おいおいこんなあからさまに罠引っ掛けるやつおるんやなw
(なまえ)
あなた
まぉ私は優しくないので引っかかりませーん
絶対中にもなんがある
ガララ
(なまえ)
あなた
〚落ちてくる黒板消しをキャッチする〛
(なまえ)
あなた
わーお
何これローション?
教室の床にはドロドロのローションが
兄さん
兄さん
ん?ここで何してるんだ……
兄さん
兄さん
またか……
ゾム
ゾム
チッ
引っかからんのかよ
シャオロン
つまんな
兄さん
兄さん
お前らあと片付けしろよ
兄さん
兄さん
あなたは怪我ないか?
(なまえ)
あなた
はい。
こんなのに引っかかるやつおりゅ?ww
ショッピ
ショッピ
ほら。言ったやないですか
ショッピ
ショッピ
引っかからないでしょって
自分の席につこうとした
まぁやってると思ったよ
机は落書きだらけ。

カッターでやったのか知らないが傷だらけ。
(なまえ)
あなた
ものを大切にするって習わなかったのか?
シャオロン
お前みたいなのが使ったやつもう要らんやろw
(なまえ)
あなた
じゃあお前が使ったやつも要らなくね?
そう言いポケットからカッターを取り出す
シャオロン
!!!
チーノ
お前それでシャオさんに何する気だ……!
(なまえ)
あなた
え?こいつには手ー出さねぇよ
(なまえ)
あなた
私が使ったやつもう要らないんだろ?お前だって私と同じ人間じゃん
なら一緒。お前の使ったやつも要らなくね?w
シャオロン
ッッ
(なまえ)
あなた
まぁやらないけど。
(なまえ)
あなた
先生この机と変えていい?
兄さん
兄さん
あぁ。もうそれは使えないだろ……
(なまえ)
あなた
ありがと
エーミール
エーミール
じゃあ授業お願いします
兄さん
兄さん
あいよ











.
(なまえ)
あなた
机カッターでボロボロにして落書き……
(なまえ)
あなた
古っるwwwww