無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
(なまえ)
あなた
ああ。
(なまえ)
あなた
眠たい……
リビングにおりる
(なまえ)
あなた
…………紙?
あなたへ。
貴方はいらないです。

これはお金。

さようなら。ごめんね

父、母
(なまえ)
あなた
……
(なまえ)
あなた
ははは。
(なまえ)
あなた
あははははははは!!
(なまえ)
あなた
ついに捨てたか。
捨てられた。
昔からそう。何でもかんでも急すぎる。
生まれた時からそう。
自分の髪色は白。目の色は青。
"悪魔の子"
そんな私でも父と母は愛してくれた。
望まない色がついてきた。
望まないいじめ
望まない学校。
(なまえ)
あなた
なんにも望んでなかったのに……
なんでこんな時だけ
(なまえ)
あなた
寂しい    なんて思うんだよ……
(なまえ)
あなた
意味わかんなっw
(なまえ)
あなた
今日学校じゃん……
転校初日に捨てるとか……
(なまえ)
あなた
悲しいわw
朝の6時
着替える。
弁当作る
朝飯は……
いらないや
7時
(なまえ)
あなた
行ってきます
誰もいなくなった大きな家に
挨拶を__