無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13
(なまえ)
あなた
全…員……?
(なまえ)
あなた
え?
ロボロ
信じれんかもしれんけどな、ほら見てみ
これ俺らやで
そういい背の低い(自分より高い)奴はアルバムを開いて見せてきた
(なまえ)
あなた
こ、れ……































.
(なまえ)
あなた
私?
トントン
ほらな?これお前やろ
14人の男の子に囲まれ1人の先生?のような女の人と一緒に立っている白髪で青い目の女の子が1人
え?!
嘘やろ……君、孤児院にいた時の名前って…
"あなた"?
(なまえ)
あなた
な、んで…
そうか。今と同じだもんな…w
俺、酷いこと言った……
ごめん
(なまえ)
あなた
いや別にいいけどさ
でも…
(なまえ)
あなた
いやもういいよ"慣れてる"から
(なまえ)
あなた
暴力も暴言も何でも慣れてるから。いじめも何でも。
なんか知らない間に耐性ついちゃったわw
ひとらんらん
慣れてる?
グルッペン
グルッペン
詳しく聞きたいんだが……
(なまえ)
あなた
別にいいよ。
じゃあ私の生き様を話すわw
(なまえ)
あなた
長くなるけどね__
グルッペン
グルッペン
あぁ。聞くよ
(なまえ)
あなた
ニコッ
なんでだろう
なんで私
泣きそうになってるの?