無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

063







pink注意























義勇side






















あなたの服を脱がせた




















まだ晒をとっていないというのにあなたの体を見るとドキドキしてしまう























白く、柔らかい肌





















ツヤツヤしている



















俺の手で壊してしまわないか心配になる





















細身だが、ふっくらとした肉付きはそそるものだった

























晒を取れば、露になるあなたの綺麗な胸が目に入る






















ふっくらとして、頂点は綺麗な桜色になっている




















心だけでなく、体も綺麗なあなたに少し興奮していた
























自分でぐちゃぐちゃにしてしまいたいくらいだ
























でも、もしそれであなたに嫌われたら?






















怖い思いをさせてしまったら?





















愛しているからこそ優しくしたい

























緊張しながら行為に移った