無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

043









私は不思議な夢を見た



























私の大切な人が出てきた幸せな夢



















出来るのならずっと居たかった





















やっとみんなと会えたから























月ノ宮あなた
カナエちゃん!海斗!雪乃!紅葉!
月ノ宮あなた
優兄様と蔦子お姉ちゃんまで!
月ノ宮あなた
ねえ、ここはどこなの?
月ノ宮あなた
なんで皆がここに居るの?

















私がみんなの方へ歩いていこうと1歩を踏み出した時



















胡蝶カナエ
あなたちゃん、まだこっちへ来てはダメ
月ノ宮あなた
なんで?
月ノ宮優
あなた、皆が待ってるよ
月ノ宮優
戻りなさい
月ノ宮あなた
でもせっかく会えたのに
錆兎
あなた
真菰
あなたちゃん
月ノ宮あなた
なんで2人がいるの?
錆兎
俺たちが上弦の参に負けたからだ
真菰
あなたちゃん、まだやることがあるでしょ?
錆兎
義勇達が待ってる
海斗
俺たちは気長に待ってるから
雪乃
そうだよ!
紅葉
弱かった私達がいけないんだ
月ノ宮優
さぁ、僕の可愛い妹あなた
月ノ宮優
みんなの元へ行ってらっしゃい
胡蝶カナエ
あなたちゃん、頑張って
月ノ宮あなた
行ってきます!

















暗闇から見える一筋の光に向かって今、走り出した