無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

008









スパンッ

























音よりも早く鬼の首は落ちていた




























月ノ宮あなた
良かったです、間に合ったみたいで
手鬼
お前!何者だ!
月ノ宮あなた
…ごめんなさい……鬼になる前に助けてあげられなくて
月ノ宮あなた
もっと早く助けていれば辛い思いをしなくてよかったのに…
手鬼
ありが…と…う

















この言葉を最後に鬼は灰になって消えていった


















真菰
ありがとう!あなたのお名前は?
月ノ宮あなた
私は……名乗るほどのものではありません
錆兎
!?(桜のペンダント……もしかして)
錆兎
お前は冨岡義勇を知っているか?
月ノ宮あなた
ピクッ



















そうか





















この人たちは義勇君のお友達か





























でも、私なんか





























もう忘れてるかも




























もう私は嫌われているもの



























生きていること自体が恥


























ここは上手く隠そう























月ノ宮あなた
いえ、知りません
月ノ宮あなた
冨岡さんという方はあなたたちのお知り合いですか?
錆兎
そうだ
月ノ宮あなた
残念ながら…私はその人を知りません
月ノ宮あなた
名前も初耳です
真菰
そうなんだ…ごめんね
月ノ宮あなた
いえ、それでは




































シュンッ
































あなたは飛び去って行った