無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

061
月ノ宮あなた
え?触れるってあの?え、あ、
月ノ宮あなた
あのリア充がイチャイチャするやつの触れるって事!?









*違わないけど違います


















冨岡義勇
そうだ
冨岡義勇
俺たちももう恋仲だ
冨岡義勇
お願いだ、あなた
冨岡義勇
お前のことをひたすら愛したくてたまらないんだ
月ノ宮あなた
そんなド直球で…
月ノ宮あなた
恥ずかしいよ/////
冨岡義勇
すまない…
冨岡義勇
もう我慢出来ないんだ…
月ノ宮あなた
でも私…!
月ノ宮あなた
初めてだから…そういうの…
月ノ宮あなた
怖いの












そう言ったあなたの体は震えていた
















冨岡義勇
大丈夫だ
冨岡義勇
優しくするから
月ノ宮あなた
わ、わかった
















私は怖さを和らげるため義勇くんの羽織をキュッと掴んだ


















冨岡義勇
あまり煽るな
冨岡義勇
我慢できなくなるだろう
月ノ宮あなた
ご、ごめんなさい
冨岡義勇
いや、いいんだ
冨岡義勇
なら、いくぞ
月ノ宮あなた
うん…













初めて義勇くんに触れられる




















幼馴染と言っても男女の関係




















裸を見られるなんて恥ずかしくてたまらない

















でも、義勇くんになら触れて欲しい


















でも怖い

















痛いのかも分からないし


















何より自分が壊れてしまいそうで怖い





















でも















冨岡義勇
俺に身を任せてくれ














そう言われて安心した