無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

014
月ノ宮あなた
……え……?
月ノ宮あなた
嘘……でしょ…
月ノ宮あなた
なんで……義勇君が…
月ノ宮あなた
いるの…?




















そんな























私なんか





















もう義勇君に合わせる顔がないのに




























私は生きてちゃいけないのに


























どうしよう、どうしよう…




























とりあえず黒い布で顔を隠さないと


























念の為持ってて良かった…



























よし、いつも通り、いつも通り






























あっ!あんな所に鎹烏が!



























月ノ宮あなた
あの!鎹烏さん!
月ノ宮あなた
あなたはあの人の烏さん?
月ノ宮あなた
私はあの人と合同任務なんですが少し遅れるので先に行って欲しいと伝えてもらえますか?
鎹烏
承知シタ!






















これで接する時間が減る




























危なかったら




























この身をけずってでも



























必ず助けに行くから




































ごめんね、義勇君…