無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

025
胡蝶カナエ
ねぇ、あなたちゃん
胡蝶カナエ
ほんとに冨岡君の事何も知らないの?
月ノ宮あなた
……
月ノ宮あなた
実はね…













カナエちゃんには全て話した



















義勇君と起こったことも














私が顔を隠していることも














私の親は”医者”だったことも

















全て話した












胡蝶カナエ
そうなのね
胡蝶カナエ
あなたちゃんは強いのね
月ノ宮あなた
でも、私は医者の娘ですから、亡くなった方の親族の方の気持ちと違うよ
月ノ宮あなた
だから義勇くんも傷つけたの
月ノ宮あなた
カナエちゃんはね、人を救えなかった時どう思う?
胡蝶カナエ
私はとても悲しいわ
胡蝶カナエ
何もしてあげられないことが1番苦しいの
月ノ宮あなた
そうだよね
月ノ宮あなた
私もねあの後ずっと泣いてたの
月ノ宮あなた
でもね、私のお母さんが言ってたんだ
月ノ宮あなた
”おやすみがあればおはようもくる”って
月ノ宮あなた
だからねいつかどんな形でも必ずまた会えるって信じてるんだ
胡蝶カナエ
そうね
胡蝶カナエ
私も信じるわ
胡蝶カナエ
あなたちゃん、ありがとう
月ノ宮あなた
大丈夫だよ
月ノ宮あなた
ほら、もう着くんじゃない?
胡蝶カナエ
そうね!












この日々が永遠に続きますように