無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

064




pink注意
























義勇side




















冨岡義勇
いいか?
月ノ宮あなた
コクン












あなたは控えめに俯いた




















緊張しながら胸を触ってみると、あなたがブルっと身震いした



















あなたも緊張してるんだな



















俺は押し倒した状態で深く口付けしながら胸を弄った













月ノ宮あなた
はぁ…義勇…くん…///











息が持たなかったのか口から呼吸しようとするあなた



















開いたところを逃さず口の中に舌を入れる























歯並びをなぞればあなたは感じて、力が抜けているのがわかる





















口を離せば二人の間に銀の糸が伝った



























行為は辞めずに胸を触る



















だんだん乳首が立ってきた



















冨岡義勇
あなた、ここ、立ってきた
冨岡義勇
気持ちいいか?
月ノ宮あなた
うん…












俺を感じているあなたを見て興奮が止まらない