無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

059
月ノ宮あなた
ん////義勇くん//////
冨岡義勇
ん…













長い口付けに息が乱れてしまった




















唇が離れたと同時に身体中の力が抜けて地べたに座り込んだ



















冨岡義勇
ど、どうした?嫌だったか?
月ノ宮あなた
違うの…
月ノ宮あなた
私、安心したら力が抜けて…
冨岡義勇
そうか
冨岡義勇
そういうことなら今日は帰ろう
月ノ宮あなた
うん













が、立とうとするもなかなか立てない


















すると、義勇くんにヒョイっと持ち上げられた














月ノ宮あなた
義勇くん!?
月ノ宮あなた
お、重いから、離して!
月ノ宮あなた
自分で歩けるから…///////
冨岡義勇
問題ない











私が問題あるの!
















冨岡義勇
あなた、今日泊まっていくか?
月ノ宮あなた
え?いいの?
冨岡義勇
ああ、恋人だしな
月ノ宮あなた
う、うん///
月ノ宮あなた
ありがとう










私たちは義勇くんの家に向かった