無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

040
月ノ宮あなた
桜の呼吸 壱ノ型 花びらの舞
上弦の肆 麗俊
ふふふっ楽しいなぁ〜
上弦の肆 麗俊
頑張っちゃって可愛い
上弦の肆 麗俊
僕ね、女の子の苦しんでいる姿を見るのが大好きなんだよ
上弦の肆 麗俊
あの女の子達もずっと刺し続けてたらね、泣き叫んでもう最高だったy
月ノ宮あなた
うるさい
月ノ宮あなた
もう喋らないで貰えます?
上弦の肆 麗俊
コホッコホッ
上弦の肆 麗俊
痛いなぁ〜
上弦の肆 麗俊
まぁこんな傷すぐ治っちゃうんだけどね!
上弦の肆 麗俊
次は僕の番だね♪




















その瞬間、目の前に麗俊が現れて私の刀を奪った















上弦の肆 麗俊
ほら!あなたちゃん!
上弦の肆 麗俊
ぼーっとしちゃダメだよ












グサッ





























何が起きた?


















私でも全然見えなかった





















あの瞬間に感じた鈍い痛み
























下の方に目を移せば、自分の腹に刺さった氷があった






















月ノ宮あなた
あ"ぁっ
上弦の肆 麗俊
ふふっ顔もいいから凄い虐めたくなっちゃう!
上弦の肆 麗俊
もっともっと苦しんでね!















グサッ























グサッ


























次は右脚と左腕





















氷の冷たさもあって意識が持っていかれそうになる






















上弦の肆 麗俊
あれ?まだ生きてるんだぁ!
上弦の肆 麗俊
凄い凄い!頑張ったね!
上弦の肆 麗俊
偉いよ!
上弦の肆 麗俊
後は楽に殺してあげるからね















麗俊の不気味な薄い笑み


























冨岡義勇
あなたーーーっ!













誰か来たのかな?



















でも、もう視界がはっきりしない




















上弦の肆 麗俊
あれ?強そうな子が来ちゃった
上弦の肆 麗俊
もうすぐ日も登るし僕はこれで帰るね!
上弦の肆 麗俊
楽しかったよ!あなたちゃん!
上弦の肆 麗俊
またね!











そして麗俊は帰っていった