無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

033
月ノ宮あなた
速く、速くしのぶちゃんのところにいかなきゃっ!
月ノ宮あなた
まだ、まだ助かるかもしれないでしょ!





















お願い!




















間に合って!




























初めて出来た女の子の友達なの!





























それに、カナエちゃんはまだ死ぬべき人じゃないでしょ!




























しのぶちゃんのことはどうするの!
























蝶屋敷の皆も居るのに























もっと速く!




















動け!私の足!





























苦しんでる人を救えないのが1番悔しいのに













月ノ宮あなた
ハアハア
月ノ宮あなた
カナエちゃん!
胡蝶カナエ
あなた…ちゃん
月ノ宮あなた
もう喋らないで!今治療するから!
月ノ宮あなた
絶対助けるの!
胡蝶しのぶ
あなたさん……
月ノ宮あなた
まだ頑張って!
胡蝶カナエ
あなたちゃん……もういいのよ…
胡蝶カナエ
貴方が1番わかっているでしょ
胡蝶カナエ
私は…もう助からないわ…
月ノ宮あなた
嫌!嫌だよ!
胡蝶カナエ
あなたちゃん、あの言葉忘れた?
胡蝶カナエ
あなたちゃんが私に教えてくれたでしょ?
胡蝶カナエ
私は空から皆のこと見てるからね
胡蝶カナエ
今までありがとう、あなたちゃん(ニコッ
胡蝶カナエ
私は皆の笑った顔が好きだなぁ
胡蝶しのぶ
姉さん!姉さん!ポロポロ
胡蝶カナエ
強く生きてね…
















その一言でカナエちゃんは動かなくなった
























また、救えなかったんですね


















月ノ宮あなた
カナエちゃん……




























私はカナエちゃんの体を抱きしめながら静かに泣いていた






















ずっとひとりで



























声を上げずに



























ただただ涙を流した