無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

080








ハァ…ハァ、ハァハァ…ハァ













なんでこんなことに…!













いくら走っても足りない













もっともっともっと
















こうなったのは1時間前の事だった














月ノ宮あなた
か、帰ってくるよね…
冨岡義勇
少し帰りが遅くなっているだけだろう










その時、桜華から連絡が入った













鎹狐 桜花(オウカ)
あなた様!!!!
月ノ宮あなた
ビクッ
冨岡義勇
ビクッ
月ノ宮あなた
いきなり大声出してどうしたの?
鎹狐 桜花(オウカ)
わぁぁぁぁん(´;ω;`)
鎹狐 桜花(オウカ)
千明さんが、、、
月ノ宮あなた
!!??千明が、ど、どうしたんですか?
鎹狐 桜花(オウカ)
上弦の鬼と1人で戦っています…うぅっ
月ノ宮あなた
!?!?!?









ハァハァハァ、ハァ、ハァハァ、ハァハァハァ











ふーっふーっ













冨岡義勇
あなた、落ち着けっ!
冨岡義勇
ちゃんと呼吸しろっ!










義勇くんに何か言われた












でも、今はそんなこと考えていられない

















私は自分のもつ速さを活かして走り出した















早く、急がなければ…!