無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

011
鎹狐 桜花(オウカ)
あなた様〜!任務ですぅ〜!
月ノ宮あなた
桜花、ありがとう
月ノ宮あなた
皆行こ!
3人
はーい!
 



















ここら辺だよね
















雪乃
あなた様!いたよ!
月ノ宮あなた
分かった!
ぐへへいい頃合の女が3人も
紅葉
キモッ
月ノ宮あなた
ま、まあまあ
今すぐ食ってやる!
月ノ宮あなた
桜の呼吸  壱ノ型  花びらの舞



















……………………………………………














鬼side




















周りが綺麗な桜の花びらに囲まれた













花びらの舞っている様子に見とれていると、視界が逆転した





















ボトッ
















なに!切られている!




















俺の首を斬った人間はとても優しい目を向けていた
















なぜ泣いている…














そいつは俺に涙を流していた


























俺の質問に対して帰ってきた言葉は

















月ノ宮あなた
鬼だって元は罪の無い人間だったもの
月ノ宮あなた
今まで辛かったよね
月ノ宮あなた
あなたは悪くないよ
月ノ宮あなた
悪いのはね、沢山の人を助けながら傷つけた鬼舞辻無惨だから
月ノ宮あなた
必ずあなたの仇をとるよ(ニコッ
ありが……とう…



















………………………………………………














そして鬼は消えていった



















海斗
あなた様、鬼に情けをかけちゃダメだって
月ノ宮あなた
(´・ω・`)シュン
雪乃
まあまあ、あなた様のいい所でしょ!優しいところが
月ノ宮あなた
ニッコー(*^^*)
3人
(やっぱり憎めない)