無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

022
御館様
あと一人柱になる子がいるんだ
御館様
出ておいで、”義勇”
冨岡義勇
御意
冨岡義勇
新しく水柱になった冨岡義勇だ
冨岡義勇
よろしく頼む
月ノ宮あなた
!?















嘘…




















どうしよう


















義勇君が強いのはわかってた
























まさか再開してしまうなんて























義勇君、すごく頑張ったんだろうな


















血が滲むような努力を重ねて


























大切な人の死を乗り越えて

























私なんて義勇君に会えるような資格なんてないのに



















この先も




















ずっと隠しておかないと


























でもダメだ





















頭の中が混乱して過呼吸になってる





















苦しい




















目眩がしてきた



















柱の人がこっちを見てる






















月ノ宮あなた
ハアハア……ヒュ…ぅ……ハア
御館様
あなた様?
御館様
大丈夫ですか?
月ノ宮あなた
……はい…ハアハア……大丈夫ですよ…
御館様
体調が優れないようでしたら奥の部屋で休んでいてもらって構いませんが…
月ノ宮あなた
お気遣い感謝致します、耀哉様
月ノ宮あなた
このまま続けてください
御館様
そうですか
悲鳴嶼行冥
南無……御館様に向かって失礼だぞ
御館様
行冥、この方はね、月ノ宮家の方なんだ
御館様
私たちよりも偉いお方なんだよ
御館様
君たちもくれぐれも失礼のないようにね
全員
御意
悲鳴嶼行冥
あなた様、申し訳ありませんでした
月ノ宮あなた
いえ、……気にしないでください
















その後、柱合会議が終わり、






















柱の方々の自己紹介などもしていた