無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

079







私はずっとソワソワしてた















不安で仕方なかった












だから今日は義勇くんの家にお邪魔している












冨岡義勇
あなた、大丈夫だ
冨岡義勇
あなたに勝ったんだろう?
冨岡義勇
安心しろ
月ノ宮あなた
でも…











その瞬間、堪えていたものが溢れ出した















生暖かいものが頬を伝う













そんな私を義勇くんは優しく抱きしめ、背中を摩ってくれる















どれだけ義勇くんに助けられたのか分からない














月ノ宮あなた
義勇くん、大好きだよ
冨岡義勇
…急にどうした?











もっと強い力で義勇くんを抱きしめ返す














冨岡義勇
寂しくなったか?
月ノ宮あなた
違う















義勇くんは何かを察したのか、



















冨岡義勇
大丈夫だ、俺はどこにも行かない
冨岡義勇
ずっと傍についている
冨岡義勇
だから、泣かないでくれ…














その日は最終選別の最終日
















眠れない私をずっと抱きしめて一緒に横になってくれた義勇くん














私はそんな義勇くんへの大好きが止まらなかった