無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

038








幸せな時間は一瞬で
























私はどんどん絶望の波へと飲まれていく

























鎹狐 桜花(オウカ)
あなた様!この近くに上弦の鬼が出たですぅ!今すぐ向かってくださいですぅ!
月ノ宮あなた
!?分かった
月ノ宮あなた
案内して
鎹狐 桜花(オウカ)
こっちですぅ!

















急げ急げ!間に合え!























あれ?






















そんなわけないよね…























今私が向かっているのは

























なんで優兄様のいる宮殿の方なの?
























でもきっと大丈夫























雪乃達がいるし、元柱である先生もいるから





























早く、早く助けに行かなきゃ





































しかし、着いた先は地獄絵図のようだった
















月ノ宮あなた
優兄様ーーー!!!