無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

037






甘味処の帰り、不死川さんを見かけた

























月ノ宮あなた
おーい!不死川さーん!
不死川実弥
……あァ、あなたかァ










表情が暗い

























何かあったのだろうか

















月ノ宮あなた
不死川さん、何かあったんですね
月ノ宮あなた
話してください
月ノ宮あなた
いくらでも聞きますから
不死川実弥
いや、大丈夫だ
不死川実弥
こっちの家の問題だからな
月ノ宮あなた
ねぇ、不死川さん
月ノ宮あなた
あなたはとても重いものを抱えているんですね
月ノ宮あなた
その抱えている気持ち、半分私も背負いますよ
月ノ宮あなた
無理、しないでください
月ノ宮あなた
で、何があったんですか?
不死川実弥
ハア、実は……


















不死川さんは全て話してくれた



















昔母親が鬼になったこと

























兄弟達はほとんど殺されて玄弥君だけ生きていること



















不死川さんが鬼になった母親を殺したこと


















月ノ宮あなた
そうですか、そんな事が……
不死川実弥
だから玄弥には長生きして欲しいんだよ
月ノ宮あなた
でも、それは玄弥君も同じだと思いますよ
月ノ宮あなた
玄弥君も不死川さんの事が大好きなんです
月ノ宮あなた
だから一緒に戦いたいんですよ
月ノ宮あなた
あなたのことを守るために
不死川実弥
……そうかィ
不死川実弥
悪かっな、こんな話にまで付き合わせちまって
不死川実弥
今度話し合ってみる
月ノ宮あなた
いえいえ
月ノ宮あなた
お互い様ですよ!
月ノ宮あなた
それでは、私は任務がありますから
不死川実弥
あァ、またな
月ノ宮あなた
はい!