無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

069





pink注意
















義勇side





















あなたが可愛い
















誰にも渡さない
















俺のものだ
















気づけば、俺は独占力が強いようだ















俺はあなたの白い肌にキスマークというものをつけていく



















月ノ宮あなた
あっ///イタッ
冨岡義勇
すまない…










次々と紅い花があなたの体に咲いていく














冨岡義勇
俺だけのあなた…だ…
冨岡義勇
ハア…好きだ…あなた
月ノ宮あなた
私も…ハア…
月ノ宮あなた
大好き…アァッ









再びあなたの蜜口に手を持っていけば、先程よりもソコはぐっしょりと濡れていた

















今あなたは肩で息をして力が抜けている状態だ














俺はその隙を狙い、蜜口に1本の指を入れた














月ノ宮あなた
アァァッ!














その瞬間、一気にナカが締め付けられた
















流石、処女とあってかナカは狭かった















冨岡義勇
また、イったか?
月ノ宮あなた
ハア…ぎゆ…くっ
冨岡義勇
大丈夫だ…優しくする
月ノ宮あなた
コクン











控えめに頷くあなたを見て、行為を再開した