無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

042
冨岡義勇
胡蝶!!
胡蝶しのぶ
はい、なんですかってあなたさん!?
胡蝶しのぶ
早くこちらへ
冨岡義勇
あぁ
胡蝶しのぶ
そこに下ろしてください
胡蝶しのぶ
今から手術を行いますから冨岡さんは出てください
冨岡義勇
…分かった…あなたを頼んだ
胡蝶しのぶ
そんなこと言われなくてもわかってますよ













数時間が経過した




















胡蝶はまだ戻ってこない


























もっと早く行っていれば助かったのかもしれない




















あんな思いしなかったのかもしれないのに

























後悔は積もるばかりだった




















胡蝶しのぶ
冨岡さん
冨岡義勇
胡蝶、あなたの様子は!?



















胡蝶は黙ったまま俯いた
















胡蝶しのぶ
あなたさんは、いつ起きるか分かりません
胡蝶しのぶ
傷が貫通してたんです
胡蝶しのぶ
一体何があったのかは分かりませんが…
冨岡義勇
そうか、感謝する
胡蝶しのぶ
いえ
胡蝶しのぶ
でも、最善は尽くしましたし、一様一命は取り留めましたから起きるのはあなたさん次第かと
冨岡義勇
分かった













良かったんだよな























これで






















錆兎も真菰も上弦の参に破れた




















今回あなたが戦ったのも上弦だった























正直すごく焦った





















また失うのかと不安にもなった
































あなただけは絶対に守る































俺はそう誓った