無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

055
???
あれ?あなたじゃん











義勇くんが飲み物を買いに行ってからしばらくたって誰かに声をかけられた
















その人は、私が小さい時の幼馴染















幸村冬弥だった




















幸村冬弥

















その人は私がこの世で鬼舞辻無惨の次にいらっている相手




















幸村家は




















私の祖父母を殺した



















そして私は幸村冬弥に好意を寄せられているそうだ






















はぁ、災厄だな



















なぜこんな所に…














月ノ宮あなた
なんでしょうか?
月ノ宮あなた
冬弥さん
幸村冬弥
あなた1人なの?
幸村冬弥
俺と一緒に花火でも見ようよ
月ノ宮あなた
見ません
月ノ宮あなた
私は他の方と花火を見る約束をしているので
幸村冬弥
あれ?僕に口答えとはいい度胸だね?
幸村冬弥
僕の手にかかれば君の大切な人を殺すことなんて簡単なんだよ?
月ノ宮あなた
ッ!?














幸村家は大金持ち


















この家の権力には誰も逆らえない




















以前幸村家に刃向かった呉服屋は燃やされてその家の人たちは殺された…とか





















許せない






















しかもこの人今




















私の大切な人を殺すって言った?

























それならこの人は…





















一体私のどこまでを知っているって言うの?




















怖い…


















手足が小刻みに震える





















嫌だ


















まだ死ねないの






















助けて



















義勇くん