無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

050







あなたが眠り続けて1週間




















まだ起きる気配がない

















胡蝶は














胡蝶しのぶ
もう傷の方は完治しました
胡蝶しのぶ
あとは起きることを待つのみです













そう言っていた


















はぁ

















俺はいつから弱くなったんだろう

















あなたがいないと何も出来ないな





















早く起きてくれ






















そう願って病室を出た














胡蝶しのぶ
冨岡さん
冨岡義勇
胡蝶か
冨岡義勇
なんだ?
胡蝶しのぶ
来週花火大会があるんですけど、あなたさんと行ってきたらどうです?
胡蝶しのぶ
そこで告白したり
胡蝶しのぶ
多分彼女わかってないと思いますよ
胡蝶しのぶ
貴方があなたさんのことを好きって言うこと
胡蝶しのぶ
いいチャンスだと思いますがね
冨岡義勇
無理だ
冨岡義勇
あいつはまだ起きていない
胡蝶しのぶ
あら?見てないのですか?
胡蝶しのぶ
あなたさんならさっき病室を出ていかれましたよ
冨岡義勇
え…












そうだったのか




















一目散にあなたの所へ急いだ


















冨岡義勇
あなた!
月ノ宮あなた
ビクッ
月ノ宮あなた
義勇くん?どうしたの?
冨岡義勇
花火大会、一緒に行かないか?
月ノ宮あなた
来週の?
月ノ宮あなた
いいよ、行こ!
冨岡義勇
ありがとう
















喜んでくれた



















でも、まだ引きずっているんだな






















兄の死を