無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

023
月ノ宮あなた
皆さん、私の事は皆さんと同じように接してください
月ノ宮あなた
敬語も必要ないですよ
月ノ宮あなた
私は元々は月ノ宮家のものではありませんから
月ノ宮あなた
耀哉様には好きに呼んでくれて構わないとのことでしたから
悲鳴嶼行冥
承知致しました…南無
胡蝶カナエ
あなたちゃん、その顔の布は取ってはいけないの?
月ノ宮あなた
はい、どうしてもこの布だけは取れないのです
胡蝶カナエ
そう、残念だわ
胡蝶カナエ
1度はあなたちゃんの顔見てみたいわ
月ノ宮あなた
そうですか
月ノ宮あなた
それでは、勇気が出たら見せましょう
胡蝶カナエ
楽しみにしてるわね
月ノ宮あなた
うん!
宇随天元
今回の柱は随分と地味なやつだな
宇随天元
お!?あなたがつけてるそのペンダント派手で良いじゃねえか!
胡蝶カナエ
ほんとね!
胡蝶カナエ
桜の形であなたちゃんにピッタリだわ!
月ノ宮あなた
(え、嘘…バレてた?隠したつもりなのに…)
月ノ宮あなた
(どうか義勇君にバレませんように)
月ノ宮あなた
ありがとね!カナエちゃん!
冨岡義勇
お前は、あなた…なのか?
月ノ宮あなた
!?
月ノ宮あなた
えぇ、私はあなたですが人違いではありませんか?
月ノ宮あなた
初めまして、冨岡さん
月ノ宮あなた
私は月ノ宮あなたと申します
冨岡義勇
いや、お前は美月あなただろう
月ノ宮あなた
何を仰っているのですか…
冨岡義勇
そのペンダントはあなたしか持っていないだろう
冨岡義勇
あの時、母の唯一の形見だと言っていた
月ノ宮あなた
私は知りません
胡蝶カナエ
あ、あの〜
胡蝶カナエ
2人はどんな関係なの?
月ノ宮あなた
初対面だよ
月ノ宮あなた
人違いだと思うよ
胡蝶カナエ
そうなのかしら〜?
冨岡義勇
いや、幼馴染だ
月ノ宮あなた
………
月ノ宮あなた
そうだ!カナエちゃん!今から蝶屋敷行ってもいい?
胡蝶カナエ
いいわよ!
月ノ宮あなた
そういう事で、皆さんごきげんよう














わたしはカナエちゃんを連れてその場を急いで離れた