無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

083







でも、私には悲しむ暇なんてなかった
















だって、私の家族を奪い、妹を鬼にした最大の敵が目の前にいたから














上弦の肆 麗俊
やぁ、あなたちゃん
上弦の肆 麗俊
久しぶり(ニコッ
月ノ宮あなた
チャキッ
上弦の肆 麗俊
まあまあ落ち着きなよっ!
上弦の肆 麗俊
あっ!(ニコッ
上弦の肆 麗俊
そういえば、あの女の子もう殺しちゃったの?
上弦の肆 麗俊
以外と無神経な姉だったんだぁ〜‪w
月ノ宮あなた
うるさいっ!!
上弦の肆 麗俊
そんな可愛い顔して怒っちゃうなんて勿体ないよっ
上弦の肆 麗俊
君の家族も好きだったんだろ?その笑顔が!
上弦の肆 麗俊
今は偽りの笑顔だけどね〜っ!
上弦の肆 麗俊
アハハっ面白いや!












腹の底が煮えたぎるくらい今私は怒っている













これでは水の呼吸が使えない
















落ち着け、桜柱 月ノ宮あなた











心を水面に…















今怒ってもあいつの思う壷よ












月ノ宮あなた
水の呼吸
上弦の肆 麗俊
へ〜、君って水の呼吸もできるんだぁ〜
月ノ宮あなた
壱ノ型 水面斬りっ!
上弦の肆 麗俊
なになに〜?怒ってるの?
上弦の肆 麗俊
太刀筋ブレブレじゃん!











ダメだ…















落ち着け
























冨岡義勇
あなた!!!!











ここに頼れる以外な助っ人が来たようだ