無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

066






pink注意
















義勇side





















あなたの下着に手をかけ始める






















短パンを脱がせば見える細く白い脚





















下着は意味の無いくらい色が変わっている場所がある


















まだ胸と口付けだけなのにあなたはこんなに感じている


















下着越しに感じる水気















俺はそっと下着を脱がせた


















足を思いっきり開かせ、あなたの中をマジマジと見つめる

















月ノ宮あなた
やっ、///見ないで…恥ずかしいよ//////
冨岡義勇
これからもっと恥ずかしいことをするんだ
冨岡義勇
何を言っている













見られていることが恥ずかしいようで、あなたの中からは愛液が流れ出している


















多量の愛液があなたの太腿を伝った




















冨岡義勇
あなたのここ、凄いことになっているな
冨岡義勇
どんどん溢れてくる















愛液を少量すくい、秘部に強めに押し当てれば
















月ノ宮あなた
アァァッ!












可愛い声で啼きながら腰を浮かせた