無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

074






鬼side















その途端女が消えた
















私がいくら攻撃しても笑顔で避けている

















もうそろそろ私の一番の本気を…!












下弦の弐
血気術 横輪清滝!











この型で勝った人間はいない
















人をこの水の渦が飲み込んで窒息死させる


















女が消えた














勝った!!














所詮柱もこんな…も…の……



















え…?
















私の水が切れている


















それと同時に目の前には桜の花びらが落ちてくる


















綺麗…














見とれていれば













ゆっくりと上下が逆になった














月ノ宮あなた
桜の呼吸 伍ノ型 零れ桜











それから私はこの女に負けたことを悟った


















こんな小さくて細くてか弱そうな女に





































そうだ















思い出した















私も、家族を守れなくて














そんな微力な私が嫌で














鬼になった














今ではそれに後悔している
















人を殺してしまったんだから

















ごめんなさい、ごめんなさい…


















でも、この女の人はなんで私をそんなめで見つめているのか分からない
















暖かいような














哀れんでいるような















鬼に情けをかける人間


















あぁ、この人に切ってもらえてよかった


















私は最後まで幸せだった















下弦の弐
ありが…とう…












そう言って私は消えていった
















月ノ宮あなた
どういたしまして(ニコッ












桜柱は悲しそうに笑った