無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

084








義勇side



















あなたが走り出して行った













すぐあとを追おうとしたが、早すぎて見失ってしまった















鴉からの情報を聞き居場所は突き止めたがそこまではかなり距離が長かった


















目的地に着けば否や血が飛び散っていた














あなたのものか!?














いや、違う

















すぐ側の雑木林の中から声が聞こえる














あなたはまだ、生きている…!

















早く行かなければ…あなたが壊れる


















前に胡蝶から忠告された














胡蝶しのぶ
あなたさんに水の呼吸を使わせないでください
冨岡義勇
何故だ
冨岡義勇
それに使えるなんて聞いてないぞ
胡蝶しのぶ
まぁ、言ってませんから
冨岡義勇
(心外!)
胡蝶しのぶ
あなたさんは体がとても弱いです
胡蝶しのぶ
ですから、水の呼吸を使用していた時、肺が耐えきれず、肺胞が破裂して呼吸困難を起こしました。
冨岡義勇
!?
胡蝶しのぶ
今はだいぶ強くなってきましたが、いま、あなたさんが水の呼吸を使うのは危険です
冨岡義勇
…わかった…











今使わせたらあなたが危険だ















すると、戦っているところが見えてきた
















少しが間に合わなかった

















あなたが水の呼吸を使っていた















冨岡義勇
あなた!!!!