無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

072








私が任務地に着けば、既に不死川さんがいた
















なんで?












不死川実弥
やっと来たかァ
月ノ宮あなた
え?合同任務だったんですか?
不死川実弥
そうだァ
不死川実弥
お前の狐はそう伝えなかったのかァ?
月ノ宮あなた
えぇ…
鎹狐 桜花(オウカ)
ご、ごめんなさいですぅ
月ノ宮あなた
ハァ、気をつけてね
鎹狐 桜花(オウカ)
はいぃ
不死川実弥
ほら、さっさと行くぞォ
月ノ宮あなた
はい!











しばらくすると、隊士たちの死体が転がっていた















それに、とても酷い匂いがする



















そこは地獄絵図だ















月ノ宮あなた
十二鬼月がいるかもしれませんね
不死川実弥
そうだなァ
月ノ宮あなた
でも、上弦ではなさそう












その時すごく耳に着く音が聞こえた















きっとこれがいちばん強い鬼だろう














月ノ宮あなた
不死川さん、西です
不死川実弥
追うぞ
月ノ宮あなた
はい









2人はものすごいスピードで走り出した