無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

065







pink注意

























義勇くんに『俺の前では声を我慢するな』と言われて先程から今まで出したことの無い声が室内に響いている




















気持ちいい

















特に胸の飾りを摘まれれば気をやってしまいそうだった














月ノ宮あなた
あっ、んぁっ!…やっ……//////












義勇くんの胸の愛撫がしばらく続くと、次は短パンに手をかけた















私は既にヘトヘトで脱がされて下着1枚になっている所を見つめるだけだった

















義勇くんの手が秘部にのびる




















下着の上からだが触られている事に感じてしまう





















きっと私の下着はぐっしょり濡れているだろう

















まだ口付けと胸を触られただけなのに


















夜はまだ長くなりそうだ