無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

緊急事態発生!からの〜?笑笑
masaisaid



やべぇ…可愛すぎる…


あなた「ましゃい…」
マサイ「(*´-ω・)ン?」
あなた「もとき達いるよぉ…///」
マサイ「こーゆー時に隠れてやるのってなんか楽しくない?」
あなた「全然」
マサイ「(´・ω・`)なんだよ〜さっきまで甘々で可愛かったのに〜(`ε´)」
あなた「(σ-`д・´)アッカンベー」






チュッ









あなた「んっふぅ…///こ…これで許して…?///」
マサイ「お…お前な〜///」
あなた「まだ許してくれないの…?」
マサイ「もーいいよ…可愛いから…っ」
あなた「よかったぁ…」
マサイ「でも、楽しかったからもーちょいして」
あなた「ふぉ!?」







一方その頃もときとンダホは…








ンダホ「モトキ〜(泣)」
モトキ「どした?」
ンダホ「マサイとあなたとシルクと杏奈がラブラブ過ぎてなんか辛い…」
モトキ「(´・∀・` )アーーーー見せられてる感がね〜」
ンダホ「(。_。`)コク」
モトキ「もしかしてなんだけどさ、ンダホってあなたのこと好き?」
ンダホ「!!」
モトキ「好きなんだね( ̄▽ ̄;)」
ンダホ「(。_。`)コク秘密ね?でも、あなたが幸せならいいんだけどね」
モトキ「お前良い奴だな〜」











このときマサイにもこの話は聞こえていました…









マサイ(なんだと…あなたは俺のものなのに…取られないよーに守らなきゃ…)



あなた「?マサイ?どしたの?」
マサイ「あ、いや、なんか来ないなーって」
あなた「確かにそーだね…杏奈達が上手くやってくれてるのかなぁ…」








anna&silksaid




杏奈「来ないね…」
シルク「それな」
杏奈「もしかして…裏道とーられた!?」
シルク「裏道!?」
杏奈「LINEで報告だ!!」
杏奈
あなた〜
あなた

ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ

杏奈
もしかしたら裏道通って行ってるかもしれない
あなた

( 'ω')エッ…(」゜ロ゜)」マジカヨ。。。。

杏奈
気をつけて!
あなた

ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ




ピーンポーン






あなた「ふぉえっ」
マサイ「どんな声だよ笑笑」
ンダホ「来たんじゃない?ゴクリ」
モトキ「かもねゴクリ」
あなた「ねぇこれさ…」
マサイ「うん」





あなた「ドア開けなかったら大丈夫じゃない?」





マサイ、ンダホ、モトキ「…( ˙-˙ )」



あなた「どしたの?」


モトキ「えっと…あなた?それ言っちゃ終わりだよ( ̄▽ ̄;)この小説」
あなた「そなの?」
モトキ「そなの」

ンダホ「まぁ、天然なところがあなたの良いとこ?なんだけどね」
あなた「一瞬疑問形になったよね?」
ンダホ「あ…えっと…」
マサイ「まぁあなたはそのままでいいんだよ」
あなた「マサイ〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚味方になってくれるんだね〜≧(´▽`)≦アハハハ」
モトキ「あ、俺達敵役なんだね」
ンダホ「幸せそうだしいいんじゃない?」




あなた「マサイしゅき〜( *´∀`))´ω`)スリスリ」
マサイ「キュンッ」


ンダホ「ほっとくともうこれだし(苦笑)」
モトキ「だね…」


ピロン
あなた「誰からかな?」
杏奈
大変だよ!シルクがあなたの父と思われる人に喧嘩挑もうとしてる!
あなた「嘘!?」

マサイ「どした?焦って」

あなた「これ…」

モトキ「ヮ(゜д゜)ォ!どこにいるのかな…」
あなた

どこにおとーさんいる??

杏奈
あなたの家の前
あなた「家の前!?」

マサイ「やべぇな…」
モトキ「…はぁ…」
ンダホ「もっきゅん?どーしたの?」

モトキ「なるべく喧嘩はしたくないんだけど…あなたのためならいいかな…?」
あなた「?モトキ…?」
モトキ「その喧嘩俺も入ってくるよ」
あなた「え!?だめだよ!!」
マサイ「そーだよ!」


モトキ「でも…あなた達の役に立ちたいから…行ってくるよニコッ」

ンダホ「もっきゅん…!」
あなた「っ……よ…いってらっしゃい…モトキのやりたいことなら…私は応援するよ…」
モトキ「あなた…」
マサイ「俺も行く…俺もみんなの役に立ちたい!」

あなた「マサイ君…?君は何を言ってるかわかっているのかな?」
マサイ「は?」
あなた「君は『絶対に俺はお前から離れないからな!』ってこの前言ってくれたよね?」
マサイ「あ…だ…だから離れるなと…?」
あなた「そうだよ!この私を怒られたらどーなるか1番知ってるのはマサイだよな?」
マサイ「ゴクリ…す…すみませんでしたああああ!」


ンダホ、モトキ「コソコソ怖いね…」

あなた「ギロッ何をコソコソしているのかな?」


シルク「たっだいまー!…ん?どした?」
杏奈「こ…これは…あなたを怒られたらせたときにでる雰囲気だ…」
シルク「(´・∀・` )アーーーー杏奈行くぞ」
杏奈「はいっ!」

バタン



あなた「帰った…」
あなた「さてと…ンダホとモトキは許してあげる。ただ…マサイは許さないからな?これから1週間私の言うことを聞くこと!」
マサイ「はいぃぃぃぃぃ〜(涙)」




あなた「あ、そーいえばシルク達なんで帰ってきたのかなぁ」
マサイ「わからなi…あ、わからないですあなた様っ…」

モトキ「どーなんだろーね〜」
ンダホ「LINEで聞いてみるよ〜」
あなた「ありがと〜」




マサイ「すっごい話変わるんだけどさ」
ンダホ「うん」
マサイ「あなた…様の…雰囲気が変わったよね」

ンダホ、モトキ「え…知らなかったの?」
マサイ「( 'ω')エッ…知ってたの?」
ンダホ、モトキ「( 'ω')エッ…」


シルク「やっぱ来たあああああ」
杏奈「なんとなく連れ戻したああああ」


あなた「あ、杏奈達!結果どーだった?」
マサイ「あ、シルク達…(泣)」
シルク「どーした笑」
マサイ「あなた様からk」
あなた「マサイ君?ニコッ」
マサイ「ごめんなさああああい!」
シルク「マサイも大変だな笑笑」
杏奈「シルク君?ニコッ」
マサイ「あ、そっちも同じ感じ?」
シルク「みたいだわ」


あなた「で、結果は?」
杏奈「あ、帰ったよ」
シルク「とゆーか、俺が強制的に帰らせた。な!杏奈」
杏奈「あ゛?」
シルク「あ…ごめんなさああああい!」




こーしてなんだかんだあったけどハッピーエンドだね!




マサイ、シルク「俺達はハッピーエンドじゃねぇ!!」