プリ小説

第2話

我慢出来ない
ハニ達が帰ってきた…
ジョンハン
ジョンハン
ジス、ただいま〜
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン!ただいま!!
ジス
ジス
お、おかえり…
2人は笑顔を輝かせながら話していた
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン!?大丈夫ですか?
元気ないですよ!
ジス
ジス
えっ、そうかな?ㅋ…
ジョンハン
ジョンハン
ジス大丈夫か?
ジス
ジス
別にいつもの僕だけど、
なんて言って全然大丈夫じゃないけど
気付かれないように
嘘をついた
部屋には僕とハニだけ
周りはみんな寝てて
今があの粉を使うチャンスだ
ジョンハン
ジョンハン
ねぇねぇジスいつもの作って〜
ジス
ジス
分かった、ちょっと待ってて
“いつもの”とはコーヒーの事
ハニは僕が作るコーヒーが大好きなんだ
そして、コーヒーにスニョンからもらった粉を全部入れた
ジス
ジス
えっ、あっ、スニョンは粉ちょっとでいいって言ってたよね(小声)
まっ、いっか、どうせ一緒だし
ジス
ジス
出来たよ
ジョンハン
ジョンハン
ありがと
ハニは粉入りのコーヒーを飲み始めた
ジョンハン
ジョンハン
今日のなんかちょっと苦くない?
ジス
ジス
うん、コーヒー豆をかえてみたんだ
ジョンハン
ジョンハン
あっ、そうなんだ!
ジョンハン
ジョンハン
ジスの作るコーヒーって凄く美味しい
ジス
ジス
そう言ってくれて僕も嬉しいよ
そしてまだ半分も飲まないうちに
ハニの様子がおかしくなってきた
ジョンハン
ジョンハン
ねぇ…ハァ、ハァ…ジス、なんか…身体が熱いハァハァ
ハニの顔が真っ赤だ
息も上がっている
ジョンハン
ジョンハン
ぜん…ハァ///ぜん力がぁ、はいらない…///
ジス
ジス
熱でもあるの??
そしてハニのおデコに手を当てた
ジョンハン
ジョンハン
(ビクッ)んぁっ、ジス…ハァハァ、身体がぁ
そっかー今のハニは身体が敏感なんだㅋ
いいじゃん
凄く可愛い
もう我慢出来ない
めちゃくちゃにしてもいいよね?ㅎㅎ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちょこれいと。
ちょこれいと。
안녕〜💎 4月のイルコンの大阪城ホールに行く方 トレカ交換出来る人いませんか?? セブチLIVE 大阪城ホール 4/26、27 コリアタウンに通うのが日課だよーㅋ ちなみにジス&ホシくん強めのおるぺん🌈← Carat歴2年半突入(˙◁˙ 👐 )パァ ピョンテ多くてごめんなさ〜い🙏 ⭐&💗下さいませ😂 ⬆️わたくし泣いて喜びますぅぅぅㅋ