第5話

青薔薇、咲き淫れ
今回はバンドリからRoseliaのボーカル湊友希那ちゃんです!
私は最高の音楽を奏でる為なら、最高の歌を歌う為なら努力を惜しまない。
歌の練習やバンドの練習の時以外でもそれは変わらない。
日頃から食生活や姿勢には気を使っている。
適度な息抜きのために猫カフェにも....。
そんな時、Roseliaのベース担当で幼馴染のリサからある場所を紹介された。
湊 友希那
湊 友希那
ここ...かしら
リサが言うには、歌う時に適度な力が入りやすいように、体のメンテナンスも必要だとか。
確かに肩が凝っていたりすると姿勢が悪化したり、疲れやすくなったりするだろうし、Roseliaの練習が無い休日にこのマッサージ店を訪れる事にした。
女性店員
いらっしゃいませ〜
湊 友希那
湊 友希那
予約していた湊です
女性店員
湊さんですね!
こちらへどうぞ〜
リサにオススメされたのは一番高く、時間が長いコースだったが、レディースは半額だからと言われたので少し迷ったがこのコースにした。
女性店員
こちらで着替えましたら、あちらのお部屋にご移動下さい
湊 友希那
湊 友希那
はい
女性店員
髪はまとめて頂けると助かります
では
そこにあった服は、水着のような面積の少ない服だった。
上下共に紐を結んで固定するタイプで、ふとしたはずみに脱げてしまわないか心配だ。
マッサージ店だし、全身をほぐすコースだからしょうがないのかと思いながら着替えて移動すると、男性店員が居た。
湊 友希那
湊 友希那
え、あの、女性の店員さんは....?
男性店員
マッサージの資格を持っている女性店員は今全員他のお客様に付いておりまして、今回は私になります
湊 友希那
湊 友希那
あぁ、そう
居ないならいいか。
男性に体を触られるのには抵抗があるけど、仕事だし、プライドがあるだろうから大丈夫だろう。
男性店員
ではこちらのベッドにうつ伏せになって下さい
湊 友希那
湊 友希那
はい
それから男性店員はアロマやオイルやハーブティーの効能を話しながら、首、肩、腰、とマッサージをしていったところで、気持ちが良くてか、アロマのせいか頭がぼーっとして来た。
男性店員
次足行きますね〜
足の裏から段々上がってきて、太ももを触られた時だった。
湊 友希那
湊 友希那
んっ..//
今の声、私?
いつもなら出さないような声が出ているが、店員は全く気にもかけていない様子だ。
これが普通の反応か。
触られていいところギリギリを攻めるマッサージが終わると、次は仰向けになった。
たらりと胸にオイルが垂れる。
湊 友希那
湊 友希那
ふっ...//
男性店員
胸は嫌がる方多いんですけどね、いろいろな神経が集中していてマッサージにおいて重要なんですよ
湊 友希那
湊 友希那
そ、そう
比較的貧しい胸を揉みしだかれ、これもマッサージだと耐える。
湊 友希那
湊 友希那
ん..くっ...//
乳首を指が弾き、たまたま触っただけかと思ったら次は乳首を重点的に触り始めた。
弾き、転がし、引っ張り、楽しんでいるようにも見える。
湊 友希那
湊 友希那
あっ..//あのっ..!!..これ..んっ...//
男性店員
乳首は特に重要なんですよ〜
そうか。だったら仕方ない。
しかし、おかしい。マッサージなのに感じて、達してしまいそうだ。
湊 友希那
湊 友希那
ちょっと..やめっ....んっ!!
もう少しで達するところでお腹へと移った。
足までマッサージし終えると、次は電動マッサージ器を取り出した。
そんなどこでも売ってそうな物を使ってマッサージって大丈夫なのか?と疑問を抱きながらぼーっと天井を見つめていると、いきなり秘部に当てられて油断していたせいか我慢が効かなくなって声が漏れてしまった。
湊 友希那
湊 友希那
あぁんっ//はぁぁっっ///
腰が浮いて足がガクガクと震える。
腹の奥から何かが押し寄せてくる。
湊 友希那
湊 友希那
やめぇぇっ//...クるっ!なにかぁっ!
男性店員
いいんですよ〜老廃物ですからどんどん出しましょう
湊 友希那
湊 友希那
あっ..//はぁぁぁっん!!
全身から力が抜けて、ベッドにバタンと下半身が落ちる。
頭が上手く働かなくなっていく。
身体の熱は逃げ場も無いのにどんどん溢れ出して来る。
意志とは関係なく身を捩るが、熱も、身体の内側の何かもどこにも行かない。
湊 友希那
湊 友希那
うぅ...ん..//
男性店員は服の紐をしゅるしゅると解いていく。
湊 友希那
湊 友希那
やめ..なぁ...//
抵抗しようと手を浮かす頃には既に全て脱がされ終わっていて、男は太ももを揉んでいた。
湊 友希那
湊 友希那
んっ..くっ..//はぁっ!
男性店員は軟膏のようなものを指に取って、その手で膣内に入って来た。
湊 友希那
湊 友希那
ああぁぁっ!!
腟内が焼けるように熱い。
男性店員は私がどうしようも無くなっているのを知ってか知らずか、いや、知っているだろうが、指を激しく出し入れしたり、膣壁を押したり擦ったりするもので、また腰が浮いてしまう。
湊 友希那
湊 友希那
あっ!!...くうぅぅっ...も..やめぇぇっ///
男性店員
お客様リラックスですよ〜
リラックスも何もさっきから力など入っていない。
足が独りでにぴょんぴょんと跳ねて、透明な液体がこれでもかと吹き出す。
男性店員
あー老廃物いっぱい出てますよ〜
湊 友希那
湊 友希那
ああぁぁぁあああっっっ!!
男性店員が指を抜いてからも、足は跳んで、透明な液体は途切れ途切れに吹き出して、制御が効かない。
湊 友希那
湊 友希那
なっ!!にこれぇっ...?
視界が潤んで、視線を移動する事も難しい程に意識が朦朧としていた。
そんな中、口に生臭く温かいナニかが当てられていた。
湊 友希那
湊 友希那
ん...?..
ソレが何かを理解するまでの間に男性店員は私の顔に跨るようにひょいと移動した。
これは、男性器だ。
無理やり口をこじ開けられ、ソレを突っ込まれる。
湊 友希那
湊 友希那
んぶうぅっ!!
奥に当たって気持ちが悪い。
咳をしたいのに上手くできない。
湊 友希那
湊 友希那
え"っ!!...お"ぉ..
男性店員
ほらもっと吸い付いてよ
男性店員は私の返事など待たずに腰を動かす。
苦しい。吐き気がする。
湊 友希那
湊 友希那
ん"っ...ふぅんっ...!!
男性店員
ヘッタクソが...
もういい下を使うか
男は後退り、私の秘部に陰茎を擦る。
男性店員
ほら...入れるぞ.....
入れる..って....性行為..?
湊 友希那
湊 友希那
だめ..やめなさい....
男性店員
おらっ!
膣内で処女膜が破れる感覚がした。
何故だか痛くない。アロマの効果だろうか。
湊 友希那
湊 友希那
あ"っ...!
男性店員
気持ちいいだろ?
男性店員の陰茎が子宮にまで届いて、また快感が襲ってくる。
逃げたいのに逃げられない。
力が入らない。
腰を掴まれていて、突かれたくないところを僅かに逃がす事すらもできない。
湊 友希那
湊 友希那
あ"あぁっ//....あんっ...あぁぁっ///
腰を浮かしたくても掴まれていて背中だけが浮く。
首も反っていて男性店員の顔は見えない。
笑っているのだろうか。笑っているのだろうな。
男性店員
あぁ...気持ちいわ〜
気持ちいいとは違う。
本来気持ちいはずの快感を無理矢理、しかも強力な快感を与えられるせいで、キャパオーバーを起こしているような感覚だ。
男性店員
出していい?
淫らに喘いでいる自分が嫌だ。
マッサージ台に敷いてあるタオルを両手でぎゅっと握る。
唇を噛んで全力で声を抑える。
膣内射精なんて御免だと首を横に振る。
湊 友希那
湊 友希那
んんっ!!...んうっ!
男性店員
ま、どっちにしろ出すけどな!
膣内の奥、子宮の中に精液が流れ込んでくる。
熱い。嫌だ。でも
湊 友希那
湊 友希那
はぁっ...はぁっ...//
男性店員
すんげートロ顔
男性店員はポケットからスマホを取り出して、すぐにシャッター音がした。
見せつけられた写真は、陰茎が挿入っている事も、私の蕩けた顔もはっきりと捉えていた。
湊 友希那
湊 友希那
いや..これ....私..?
男性店員
そうだよ〜これを、送信っと
湊 友希那
湊 友希那
だれに..誰に送ったの..!?
くるりと返された画面丈夫には「Lisa」、アイコンは手づくりクッキー、私の知っている今井リサだ。
写真と一緒に『通話しない?』とメッセージを送信している。
すぐに着信音が響いた。
湊 友希那
湊 友希那
いやっ!いやぁ!!リサに見せないでっ!
男は陰茎を抜いて私をうつ伏せにひっくり返した。
男性店員
もしもーし
Lisa
友希那に何してるんですか!?
スピーカーモードにしていて、リサの声が聞こえてくる。
どうやらリサはこうなる事を知らずにここを紹介したらしい。
男性店員は先程私の腟内に塗った軟膏を陰茎にたっぷり塗ってから腟内に挿入した。
湊 友希那
湊 友希那
くっふううぅぅん...!!
Lisa
友希那!
湊 友希那
湊 友希那
きってぇ//...でんわきってぇ!
男性店員は容赦なく突き続けるし、電話を切るどころか台の上に置いてしまった。
湊 友希那
湊 友希那
あっ//ううっん///
私の喘ぎ声も、腰を打ち付ける音も、愛液が粘っこく立てる音も全部、リサに聞かれてる。
男性店員
締め付けちゃってさぁ、リサちゃんに聞かれて興奮してるんでしょ?
湊 友希那
湊 友希那
ちがぁぁっ..//ちがうのぉ///
興奮なんてしてない。
恥ずかしいし、情けない。
男性店員
イく声聞いてもらえ!?
湊 友希那
湊 友希那
いやぁっ!!リサぁっ!りさあぁっ!!!
私が絶頂するのと同時に男性店員は陰茎を抜いて、スマホを持って立ち上がった。
その間も私は足が勝手にピョンピョン跳ねるばかりで自分から動けない。
男性店員
これでよしっと
Lisa
...っ!?
男性店員の方を見ると、三脚にスマホが設置されていた。
ビデオ通話!?
男性店員は電動マッサージ器を持ってきて、早速私の秘部に当てた。
湊 友希那
湊 友希那
ああぁぁっ//
スマホの方に手を伸ばす。
リサ、通話を切って。
Lisa
やめてください!
耐えたいという思いとは反対に絶頂を迎え、潮を吹いてしまっている。
リサに見られている。
湊 友希那
湊 友希那
みなっ!!ああぁぁっっああ///
男性店員
だらしなくイってるとこ見られて嬉しいか?
湊 友希那
湊 友希那
やぁあ!はなしっ!!へえぇぇ!
男性店員
しょうがねぇなぁ
一頻り絶頂させられたが、電動マッサージ器を離されるとやはり楽になる。
しかし、代わりに陰系が挿入された。
湊 友希那
湊 友希那
ふぐうぅぅぅぅん///
Lisa
友希那ぁっ!
店員は指に軟膏を付けて、ピストンをしながらおしりの穴に指を入れて来た。
排泄の穴なのに、性的に感じてしまう。思うように操られているようで屈辱だ。
男性店員
ケツでも感じてんのかぁ?
湊 友希那
湊 友希那
あっ//はぁぁっ//んんぁあっ///
男性店員
リサちゃんに見られてるのに我慢もしないで喘ぎまくってよォ
我慢なんてできるわけが無い。
聞かれたくない。見られたくない。恥ずかしい。でも、気持ちいい。
Lisa
警察呼びますよ!
湊 友希那
湊 友希那
やめてぇっ//んはっあぁぁ//
Lisa
今辞めさせるから
違うの。リサ。
湊 友希那
湊 友希那
つうほうしないれっ♡きもちいのっ♡
男性店員
やっと堕ちやがったか
Lisa
友希..那?
お、おかしいでしょ!ダメだよ!
おかしい、か。
おかしくされてしまったのだから仕方が無い。
薬で狂わされて、体も頭もエッチになって、セックスだけを求めてるの。
湊 友希那
湊 友希那
さよならっ//りさぁぁっ//わらひっ♡
Lisa
目を覚ましてっ!
Roseliaとして頂点を目指すんでしょ!?
そこで折れたらダメだよ!
男性店員
おらっ!奥で思いっきり出すぞ!孕めぇっ!
音楽なんかより気持ちのいい事を見つけたの。
だから私はコッチがイイ。
湊 友希那
湊 友希那
うんっ♡らひてぇっ♡おくにおくにいぃぃっ♡♡♡
1番奥で、熱く粘っこい液体が流れ出す。
プツリと最後に残った理性が切れて、そこから先はもう覚えていない。