無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
22
2021/01/22

第2話

2回目.











テヒョン
テヒョン
『えっ、、、誰だっけ、、、、?』
あなた

『え、、、、、』

ジミン
ジミン
『あの子だよ、インスタの』
テヒョン
テヒョン
『あ〜、こんにちは』
あなた

『こんにちは!!』

テヒョン
テヒョン
『思ってたよりも可愛い、、、、、』
あなた

『へっ?!!!』

テヒョン
テヒョン
『あ、いや、なんでもない』
あなた

『もう1回言ってください!!』

テヒョン
テヒョン
『なんもないって、』
あなた

『ちっ、………』

あなた

『テヒョン先輩!!!』

テヒョン
テヒョン
『はい?』
あなた

『好きです!!』

テヒョン
テヒョン
『ごめんなさい』
あなた

『な、ちょ、まだ好きしか言ってないです!!』

テヒョン
テヒョン
『はぁ、……あなたちゃんだっけ、』
あなた

『はいっ!あなたです!』

テヒョン
テヒョン
『おれね、あなたちゃんのこと知らないし、あなたちゃんもおれのこと知らないでしょ?』
あなた

『これからもっと深く知っていけばいいじゃないですか?』

テヒョン
テヒョン
『………そうだね、』
あなた

『先輩私の事知るつもりないでしょ』

テヒョン
テヒョン
『…………』
あなた

『もー!!』

ハナ
ハナ
『あなた、授業始まるよー?』
あなた

『やべっ、またね!先輩!!』

テヒョン
テヒョン
『はいはい、(笑)』
ジミン
ジミン
『女泣かし』
テヒョン
テヒョン
『泣かしてねえよ』
ジミン
ジミン
『ふっ、』











初めて好きな人から可愛いと言ってもらえた

お世辞かもしれないってみんなは言うけど、

なんの偽りもない純粋で真っ白で綺麗なテヒョン先輩の心から出てきた言葉だから、私はほんとに嬉しかった

これって、少し期待してもいいってことなんですか、、、?










check two テヒョン先輩は意外と真面目