無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
you
雨が降ってる...
水曜日




この億劫な病院をでてすぐそこの図書館に行くことが私のスケジュールだ、






雨の日は嫌いじゃないむしろ好きだ






こんなことおかしいのかもしれないが晴れている日よりもテンションが上がる





独特な雨の匂い





時間とともに変化する音





上がった後の輝き





私にとって雨は1つの癒しとなる





勝利
あっあなたさんこんにちは!
you
佐藤くんこんにちは((ペコ
勝利
新作の本入ってますよ!
you
本当ですか?楽しみにしてました


「佐藤くんちょっとこっち手伝ってー」

勝利
はい!すみません、ごゆっくり!




楽しそうに仕事をこなす佐藤くんを見て元気を貰う





その後新作の本を適当に手に取って読むことが図書館での楽しみであった