無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
中島健人で調べると



色々な画像が出てきた。









今日あった出来事が思い返される、





「あら、その子どこかで見たことあるわね」






あなた「お母さん知っているの?」






「んーちょっと待っててね」












「ほら、あった!あなたが最後に出た映画あるでしょ?それの相手役の子よ懐かしいわ」




私が最後に出た映画はseason0でその本編の10年前を描いた作品だ




当時のことは全然覚えていないけど確か小学生にしてはおませなセリフを頑張って演技したんだっけ









母の持ってきた古い映画のパンフレットには確かに中島健人、高橋あなたの文字があった




「その子のことで検索して何してるの?(笑)」





あなた「今日図書館でたまたまあったの俳優さんらしいから調べてみたんだよね」




「そんなことあるんだねぇ、運命かしら」





あなた「運命?(笑)」






「ほら台本もあったわよ読んでみたら?」





あなた「ありがとう」






台本を読み進めるとうっすらと記憶が蘇ってくる





運命








その言葉にやけにドキドキしながら次のページが何か知らずに中途半端に読んだ台本をパタリと閉じた

















※縦読み



高 中
橋 島

「 「
わ 奇
た 跡
し が
で 終
よ わ
け る
れ ま
ば で
喜 俺
ん に
で 恋
お を
願 し
い て
し 下
ま さ
す い
。 。
」 」













新作出しました!gameというお話です
良ければ読んでみてください!