無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5
昼下がりの図書館





俺の火曜日は図書館なしでは成り立たない







しかし利用者の関係か休館日が日曜から火曜日にズレてしまったのだ、







そのためスケジュールを変更これからは火曜に訪れることにした






いつもの席につこうとすると向かいの席に荷物と傘が掛かっている






しかし定位置に座ることが読書をする時のこだわりだ






そしてたくさんの本の中から直感的に選び






図書館で流れる曲を聴きながら






1人の時間を音楽と1冊の本と共に過ごす






今日もそのはずだった